トイレのつまりの原因と修理のポイント

トイレのつまりの原因と修理のポイント 家族みんながよく使っている場所の一つがトイレです。トイレで何かがつまったり水漏れが起きてしまったら大変です。すぐに修理などの対策を立てないといけません。いくつかのチェックポイントをチェックし、状況を確認することが大切です。すぐ解決するものもあれば、慢性的なものもあります。きちんと直すために、業者に来てもらう必要があるかもしれません。見積もりを取り、よく考えてから依頼しましょう。


■つまりの原因をチェックする

トイレがつまってしまう原因はいくつか考えられます。水に溶けないものを流してしまったら、水を流そうとしても流れません。子供が間違ってうっかり流してしまったり、無意識で何か流してしまうこともあります。いつもより水の流れが悪いと思ったら、排水についてよくチェックする必要があります。
トイレットペーパーを流しているだけなのに、流れにくいということもあるかもしれません。例えば新しいトイレに交換した場合、節水タイプのものを使っているなら水の量が従来のものより少ないので、時に流れにくくなることが生じます。
一時的に水が流れにくくなっているのか、慢性的なのかしばらく様子を観察できます。

■簡単につまりを解消する
つまりを解消するため、日ごろから行っていることを試してみると良いです。例えば、パイプのつまりを解消するため先の長いブラシで掃除するという人もいます。パイプクリーナーなどの強力な洗剤を使ってトイレを洗ってみて、様子を見るということもできます。
しばらくしても状況が変わらないようなら、次にラバーカップを使用します。ラバーカップには和式専用と洋式専用があるため、購入時に間違えないように注意が必要です。しっかりと排水口にラバーカップを押し当て、空気を抜き何度か引っ張り上げます。なるべく勢いよく何度か行うと効果があります。ゴボゴボと音を立てて、水が流れていくかもしれません。
節水タイプで水の量が少ない場合は、もう一度水を流してみたり、バケツなどに水を入れて多量の水を一気に流してみることもできます。ホームセンターで排水管にアプローチできる掃除道具が販売されていることもあるので、スタッフに相談して排水管 水漏れに役立ちそうな道具を購入して使ってみることも考えます。

■修理をしてもらう際のポイント

色々試してみたものの、やはりつまりが解消されない場合もあります。その場合は経年劣化によるものかもしれません。修理や本体の交換を検討する必要があります。
まず状況を伝えて見積もりを出してもらう必要があります。その際、数社から費用を見積もってもらうことが大切です。どんな項目があるのか、相場はどれくらいかという点をある程度知ることができます。
例えばある会社は一括で提出される場合もありますし、細かな項目が記載されている場合もあります。見積もりの項目もしっかりと確認し、理解し納得した上で修理を依頼することが大切です。
どちらにしても総額でいくらかかるかをチェックし、その価格を比較していきます。
ホームページなどにも、修理ができる会社の情報が記載されています。ある程度の相場の金額が示されているものもあるので参考にしましょう。

■まとめ
トイレを快適に使うために、水のトラブルに気を付ける必要があります。水漏れや水のつまりは、いつでも突然に発生します。原因はいくつか考えられるので、時々観察しておくと慌てなくてすみます。
また、日ごろから気を付けることができる分野があります。掃除や排水管部のクリーナーを使って、トイレを清潔に保つように心がけておきましょう。
トイレの修理が必要な場合は、業者をよく選んで数社から見積もりを提出してもらい検討します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース